×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弁護士とは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Up: 2010年 01月 22日


お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくはサイトポリシーのページをご覧ください。メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ
主分類項目分類内項目社会ビジネス政治国際文化サイエンス社説コラム天気交通動画マイタウンEnglish
現在位置:asahi.comニュースビジネス・経済コラム経済ナビゲーター記事コンテンツ一覧トップニュース為替株式金利トピックス投資信託東洋経済兜町特捜班ロイターニュース宝くじCSR
A 東京などの都市部にあり、弁護士が数十人以上は所属している大手法律事務所が多い。東京の場合、都心の一等地の高層ビルに、きれいなオフィスを構えていることが多い。
A 「4大事務所」と呼ばれる大手があり、いずれも本拠が東京にある。日本弁護士連合会によると、昨年3月末現在、最大手の西村あさひ法律事務所には、弁護士430人が所属。長島・大野・常松法律事務所が320人、森・濱田松本法律事務所が274人、アンダーソン・毛利・友常法律事務所が260人と続く。事務所名が長いのは、過去に法律事務所が合併した名残だ。

弁護士について参考になるサイト:
http://www.asahi.com/business/topics/keizainavi/TKY201001200263.html

弁護士(べんごし)とは、法的手続において当事者の代理人、被告人の弁護人として法廷で主張・弁護等を行うほか、各種の法律に関する事務を行う職業、またはその資格を持った者をいう。当事者の代理人としての委任契約等で報酬を得る。 日本では、その職掌・資格に関しては弁護士法などで規定されている。シンボルは中央にエジプト神話マアトの「真実の羽根」との重さを比較する天秤を配した向日葵(ひまわり)で、徽章(バッジ)もこのデザインによる。
現在の弁護士制度は西ヨーロッパにおいて発達したものに由来する。地域及び担当する裁判所の種類によって名称は様々であり、また、代理を行う者(代訴人や事務弁護士)と弁論を行う者(代言人や法廷弁護士)が区別されることも多く、現在でもそのような区別が残っている国も多い。
江戸時代の「公事宿(くじやど)」「公事師(くじし)」は、日本において独自に発達したもので、弁護士に類似するとも考えられるが、その性格は大きく異なる。詳細はそれぞれの項目を参照。明治のはじめの代言人は少なからず公事師が衣替えした者であり、俗に訴訟1件を300文(実際に300文だった訳ではなく、二束三文のように価値の少ないことを表す)で引き受け、不適切な活動を行うという、いわゆる三百代言の語源ともなった。現在でも弁護士を罵倒するのに三百代言という言い方をすることがある。

弁護士について参考になるサイト:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB


トップに戻る
債務整理用語辞典